teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


やれやれ

 投稿者:日野光治メール  投稿日:2010年 3月 4日(木)23時12分58秒
返信・引用
  2010.03.06に、夜の部さんのオフ会があるのかなぁ、と期待していたのですが、ないようでさびしい限りです。

で、代わりに別の方のオフ会に参加表明してみたのですが…。
ふたを開けてみたらmixiの企画でした…。そうならそうときちんと告知してくれていれば手を出さなかったのに。
というか、詳細が決まっていないから告知内容が簡素なのかと思ったら、詳細はメールで送られてきました…。うーん、私とは考え方が違うようですねぇ…。
私は公式を名乗るサークル以上にmixiが嫌いですから、それだけでも参加をキャンセルしたくなったわけですが、それ以外にも問題と感じることが。

そのオフ会、18歳以上が対象であることが明示されているにもかかわらず、一次会(告知では食事会と表示されていた)の会場が居酒屋であるとか。
二次会のカラオケが条例に引っ掛からないように18歳以上に設定したらしいのですが、それよりよほど気にすべきことじゃないですかねぇ。居酒屋を会場にするってのは。

ということでメールにてその点を指摘したんですけど、それについての回答はありませんでした。さすがにそんな状況のオフ会には参加できませんから、正式にキャンセルしたのですが…。

よそのことと割り切ってしまえば済むことではありますが、こんなオフ会を放置してよいものか、非常に気になります。

とはいっても、公式を名乗るサークルでの告知では居酒屋の文字が現れていない以上、サークルで騒ぎ立てるのもはばかられますし、mixiのほうでどんな告知になっているのかはわかりませんが、mixiまで指摘しに行くこともできません。

もしまだここを見ておられる方がいましたら知恵をお貸しください。
 
 

えーと

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 7月26日(火)05時45分19秒
返信・引用
  魔女吉さんのSSをまとめ読みしているつづらです。
今しばらく。
 

お気遣い無く(来客用の座布団を断り上座の社長椅子へ)<ヲイ

 投稿者:まじょきち  投稿日:2005年 7月24日(日)06時29分44秒
返信・引用
  ご丁寧に挨拶をどうも。(社長椅子に座る)
こんごともよろしく(葉巻を吸う)

って何様ダヨお前!



@いまさらロストワールド

クイーンズブレード見てきました。
あちゃあああ、これはだめだろー!
何が駄目って、18年前にオレも同じ事考えて作っちゃったよ!
まぁ絵は俺様の漫画力の低さで推して知るべしではあるけどね。
『がいこつ男』か『ゆうれい男』をテンプレして絵差し替えてダメージ変更。簡単です。
『幻惑される』という7Pと53Pがやけにやらしいと友人の不評を買いました。


@ハック&スラッシュ

D&Dに限らず、RPGの本来の姿はそれだという人は昔は大半でしたな。
流れが変わったのはSNEメンバーのリプレイ(ロードス島戦記)といわれてますが
実際には廃刊したシミュレーターのリプレイが先だったらしいんですよね。

私個人では斬った張った系のプレイスタイルを止めたきっかけは記念すべき
第一回三誌合同RPG専門コンベンション『RPG-CON』でしたねえ。
『TAC-CON』は参加してたんですけど大体『ASSAULT!』とか作戦級主体で
RPGはわざわざコンベンションでやるほどでは無い低いゲームだと思ってたんですよ。
『TAC-CON』主催のRPGオンリーかー、それなら仕方あるめえって参加して、
それ以来ストーリースタイルに感化されました。

まず、周りのPとGMのRPが異様に長い。
早く斬らせろよ!と最初はイライラ。
ただ、正直些細な事件の導入、意外なNPCからのストーリー操作、
伏線が全て整然と流れ出すカタルシスあるクライマックス。
それを持ち込みキャラOKのレベル差でか過ぎなコンベンションのセッションで完結。
今思えば妙に手持ちキャラのイラが上手いPがサクラだったんかなーとも思いますが
よしんばそうだとしても非常に感動しました。
そして、設定書という自キャラの設定をA4用紙10枚で持って来たツワモノを見たのも
その時が初めてでした。(RPG全盛時代には珍しくもなくなりましたが)
もっと絵を上手くなろうと思ったきっかけもこのコンベンションでしたね。
それがすごく歪んで行き大学時代は何故かHな同人誌に寄稿する羽目にもなりましたが。


@クトゥルフ

2発売後から魔女吉的にはサクラをクトゥルフに被せたらオモロイなーと思ってました。
華撃団世界構想も出てない頃(当然3の話題もない)のSSで『LoveClaft』を書いた時期。
SSの内容は、ぶっちゃけ『インスマスの影』でサクラ大戦をやりました。
世界中の対妖魔部隊がインスマス沖の例の暗礁に派遣され、日本からもマリア率いる帝撃出動。
各国の対妖魔部隊は次々と到着前に全滅する中、フランス華撃団(巴里ではない)を率いる
大神一郎と帝撃が共同して暗礁を破壊する(神様自体は倒せてません。当然です)という筋。
多分超古いからつづらさんもお読みになったことが無いかと。
一応名前にリンク貼っときますね。
今見るともうちょっと長くしても良かったかなとは思いますが、
まぁ当時は今にも増してSSがどへたっぴぃだったので許してください。

Vに関してはアーカムとかは出せないだろーなーとは思ってました。
だって、お約束に出来ないんですもの。クトゥルフのお約束は『絶望』でしたから。
私の敬愛するあかほり御大でもこいつはさすがに料理できないですわ。


@メイドハンマー

てっきりウォーハンマーの同人版だと思ってたら、そういうゲームあるんですか(^^;)
でも、PCがメイドさんというのは魔女吉的プレイスタイルにかなり負担。できそうにないなあ。
ちなみに魔女吉的にプレイスタイルというと

GM『頑強なコンクリ壁は高さ5M、門は金属製、武装兵士2名の門番。どうする?』
P1『しかけるか?SMGレベル2だし、閃光手榴弾あるぜ?』
P2『光源はあり?なし?』
GM『15Mごとにサーチライト。スピードは不規則で外壁を照射中。』
P1『すると逆光だろうケド、確認するまでも無く銃座ありだな』
P2『しょうがない、なんとか門番騙して潜入するしか無いだろ。エロ女出番だ。』
魔女吉『エロ女じゃねえ!と突っ込んでおいて話しかける。今は村娘の変装のままだっけ?』
GM『そうだよ。派手なエロエロ服じゃあない。お好きに』
魔女吉『おにーさん、差し入れ持ってきたんだけどね。食べる?』
GM『手にはAK47バヨネット有り。お前は誰だと質問されるぞ』
魔女吉『この辺のもんさ。ほら、何も持ってないから安心しなよ』
GM『じゃあなんの差し入れなんだよ』
魔女吉『ほほ、差し入れはア・タ・シ(はぁと)』
GM『おえ、しかし相変わらず容姿パラに気合入れてんだな。...一応乗り気にしとく』
魔女吉『じゃあ今最新のテクで遊んでみる?』
GM『まぁ乗り気だし、提案に乗るようだ。』
魔女吉『ぱんつの絵柄先に当てたほうにご褒美があるわよー。ただし服に手を触れたら負け。』
GM『???そうすると判らないじゃないかと不満の声があがるぞ。』
魔女吉『馬鹿ねえ。スカートには出口があるでしょう?』
GM『ああ・・・兵士は何とか中腰で覗こうとする。ミニスカだったっけ?』
魔女吉『残念。村娘ですので胸元の大きく開いたロングスカート装備ですな。』
GM『ソレも偏見のような気がするが・・・結局顔を地面にすりつけて覗く。』
魔女吉『じゃあジャンプしてお顔を踏みつけましょ。最新プレイだわな。』
GM『格闘は3だっけ・・・むちゃくちゃなスキル配置だな。銃取れよ。2D6で8以上』
魔女吉『むー、スキル無しだと11以上っておかしい様な・・・成功。12はクリ?』
GM『ああ、そんな感じにしとこう。奴らの目に最後に映ったのはパンツか・・・』
魔女吉『え?殺しちゃった?でも最後に見たのはパンツじゃねえナ』
GM『まぁクリティカルだし、見れなかったということでもいいが。』
魔女吉『ちっちっち、そうじゃあない。』
GM『?????』
魔女吉『お兄さんたちゴメンねえ?実はパンツ穿いてないのよアタシ♪』
GM『ぐは、ノーパンかよー!』
魔女吉『だから最新なんだよ』

ちょっとメイドさんとは程遠い。



@オフ会セッション

立ち消えですか・・・まぁしょうがないでしょう。
キャラの怪我云々より心躍る設定にしてあげないと。
自分の初心者時代にそんなプレイが一番楽しかったですか?
頭を使わない戦闘メインで攻めるべきだと思いますが。
RPメインは初心者にはきちーでしょー。SS書きでも集めるならともかく。

@例会

ごめんなさい。私は接客業で、休日は稼ぎ時なんですよ。
機会があったら是非に^^;

ではではっ

http://www31.ocn.ne.jp/~majokich/majo_ss/loveclaft.html

 

これはこれは(来客用の座布団出す)

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 7月22日(金)15時11分41秒
返信・引用
  ようこそいらっしゃいました。(座布団勧める)
改めましてつづらでございます。(お茶勧める)
今、あのロストワールドの新製品情報(クィーンズブレイド)をHJサイトで見てきてパニクってたところでございます。
アニメ顔で巨乳でビキニアーマーで。。。。。


魔女吉さんがカビだなんて、またまたご謙遜を。
ならアタシゃ何と表現すれば宜しいんでしょう……S・アウレウス(fromもやしもん)?<素直に黄色ブドウ球菌と言え


○リプレイ風味

なるほど、そういう事でしたか!
本家がSS全盛だった当時から、魔女吉さんのSSには淡い既視感を覚えていましたが、これで得心しました。

折角ですからアタシもマスターの話なんか。
アタシがまず覚えたのは「gygax式直輸入アメリカンスタイルなD&D」でした。

ぶっちゃけDMvsPL。
「どこからでもかかってきなさい!」とDMが煽れば、
「その首洗って待っとれぃ!」と間髪入れずに返ってくるような雰囲気をまといながら、それでもニコニコ笑顔で楽しんでました。
これから始まるってぇのに、気分はもうラストステージですよw
当時はまだD&Dで「指輪」ごっこをやるって発想まで届かなかったです。正直言って。
初代ローズをオハコにする人と高校で出会ってから、ストーリーテリングスタイルに興味を持ちましたね。
AD&DにDLナンバーのモジュールが日本でも発売されてから、大好きな大好きなスラッシュアンドハックがなんだか悪者のようにされ始めてきて、それからはちょっと猫かぶってたっけ。

でそのウチ「マンガの登場人物みたいな立ち居振る舞いしてもいいんだぁ」なんて些細なことに感動してみたり。
未だにアタシはそういう見得ゼリフなんかの引き出しが絶望的に少ないんです。或いは立て付けがメチャクチャ悪い。すぐに出てこないんですね。
タンカや決めゼリフがポンポン出てくる人のプレイングを見ていると羨ましく思います。


>クトゥルフ

ホントにSnowは楽しみにしてるんです。
でも今じゃ「つっちーを書いてる時の魔女吉さんの目線と意気込みと愛」を読み取るのが楽しくって読んでる部分があるかも知れないですよw

この「夜の部」を手伝ってくれてる泰武さんとryufugaさんも神話既読者ですから、こっそり読んでるんじゃないかしら。

お気づきでしょうけれど、アタシもクトゥルフっていう型紙を当てながらサクラを見ています。
だから「次はアメリカ!」って言っていた時から、Vには実はかなり期待していたんですね。広井クトゥルフが見られるかなって。
爛熟とオカルトが我が物顔で歩いていた20年代。
そして紐育にスコーンと現れる信長! どっひゃあ。
その第一報をファミ通で見た時、3分で12機失ったぐらいにズッコケましたってば。
信長の形をしたナイアルラトホテプだったらよかったのにw
「ミイラ」っていうモンだから、てっきりこの方が絡むか!? って期待したアタシが粗忽者でした。V-2に期待します。

○流用しやすいシステム

007遊ばせてもらえませんでした。だから魔女吉さんが妬ましいですw ナンテナ。

好感度チェックは当時のアタシにはとにかく重いエレメントでした。何でなにげないその一言で好感を抱くのか? なんてコトを論理的に解りやすく説明したり描写するほど物事を経験してなかったからでしょう。

好感度に重点を置くならば、間違いなく007が最も優れているシステムですよね。とは言え現在では入手し難いので、最近出たシステムでGM(ご主人様)が「寵愛ポイント」をPC(メイドさん)に与えるシステムの「メイドRPG」辺りが適当かな、と、そのルールを何回か読み返した所で感じました。

ヒーローポイント。
うーん、いらないのかなぁ。元々WARPSで言えば、Dランクにも満たない、上限でもDランクという程度の効果しか持たせてなかったんで、今のところは、
「やっぱりあった方がPLにとって助けになるかな」
という感触です。
例えば「1ー9話」でとっさに爆風から庇うさくらっていうのは、これにあたるんじゃないかな、と。
破邪の力の発動条件うんぬんを知らなくても、ポイント消費することで限定的ながら使える、というイメージですか。


そう言えば成長ルールの不備を指摘されてましたよね。
以前O貫(仮名)氏がですね、
「あのレベル表は冗談だから」とオフレコでうわなんだおまえら$&#~=)(!!

○オフ会じゃないんだコンベンションなんだ

そう意気こんで不発に終わったのが去年の3月。
そこでは「1ー2話」をやる予定だったんですよねぇ。シナリオは死蔵してます。
もともとPCは帝都市民限定だったんで、サクラ世界を知っていればそれほど苦にはならないはずなんです。喧嘩はしてもマジで戦うコトはないし、死ぬリスクはかなり低いし。
でも、TRPG経験者がいないっていう現実には勝てませんでした。みゅ。

ホント、リプレイどっかいっちゃってるんです。
今探してるのは、レポートパッドに書いておいた、初めのヤツなんですけど(爆)。
いやだってどこ探しても見あたらないし、間違って消したかどうかも今となっては怪しい限りだし、そうでなくても紙と鉛筆じゃないと書いてる気がしない前世紀の旧人類だし。

だからだから、ごめんなさい。プレイングはちゃんと終わってます。


近いうち、何等かの形でコンベンション形式でオフを開きたいとは考えています。TRPGだけじゃなく、ボドゲ全般に広げる感じで。



ではまたのお越しを。
週明けには例会報告アップの予定ですから、お暇でしたらお寄り下さいませ。

それともいらっしゃいますw?
 

遊びに来たり来なかったり。

 投稿者:まじょきち  投稿日:2005年 7月21日(木)07時25分47秒
返信・引用
  素直に遊びに来ましたって言えー!

というわけでこんばんわ。まじょきちと名乗るカビ程度の本家参加者でございます。
英語で言うとイエローモールドと呼ばれたりもしますね。

何が夜の部なんだろうとのぞきに来たんですが、背景のことだったんですね。
確かに黒い。PC9801カラー液晶ラップトップならさぞ綺麗に見えることでしょう。

さて、つづらさん限定で本家に書けなかったレスをしましょう。

えーと、何から話そうかしら。


@リプレイ風のSSという件について。

私はTRPGの時にはマスター志願が多かったです。
そして、サークルのメンバーは固定、キャラも作成済み、資料は当然手元。
シナリオを作るときは、頭にメンバーの行動を予測し筋を作り時間を計る。
だいたい4時間セッションが多かったので時間制限に漏れると台無し。
自分の予想1時間で4時間というのが相場でしたね(大体横道にそれるから)
そうするとある程度は文章化して台詞とか決めといたほうが盛り上がる。
そのへんが私のSSの原点で、『リプレイ風』と感じた由縁でしょうね。


@クトゥルフについて。

私のSSのSnowで何故クトゥルフが多用されてるのかは、
サクラ解釈をクトゥルフで代用してんです。神話体系は知り過ぎるほど知ってますから。
最後、何故クトゥルフだったのか、何故雪組はあのメンバーだったのか、
それなりのスッキリ感を出せるように考えてますので、また読んでくださいね。
このへん本家で書くと痛いほど叩かれるので、ここでお返事とさせていただきました。
これからもクトゥルフ系は出てきちゃいます。


@WARPSはサクラ大戦に適合するか

うーん、このへんは夢織さんとかも混ぜて徹底討論したいですねえ。
ただ、PCで隊員をやっていくゲームならヒーローポイントは不要だと思います。
アレは元々スーパーヒーローに使う『非常識人間』用の概念です。
もちろん普通の行動時に使うことも出来ますが、よほどミエミエな重要局面でもなければ
大体は戦闘時に使いますね。では、必殺技をヒーローポイント消費にするべきか。
これもNOです。サクラの醍醐味は限られた回数の必殺技ではないのです。
TRPGでサクラ大戦をするのなら好感度に重心を置くシステムが必要なのです。
そこで私は007が良いのではないかと思います。
アレには好感度チェックなる特異なものが存在します。
アレがあると知っているだけで会話に非常に気使うようになるという俊逸システムです。
そしてヒーローポイントは好感度チェックの累積をマスターが計算し一定以上の所で渡す

この辺がWARPSサクラで既に失敗した魔女吉の意見です(^^;)


しかし、OFFでTRPGをやるとかやらないとか昔見たような気が擂るんですが
あれはどうなったのか実は良く知らないんですよね。
また機会があったら再録してくださいね。

ではでは♪
 

日野さんへ

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 4月16日(土)00時54分7秒
返信・引用
  こちらこそご無礼いたしました。

>『夜の部』に失礼であり
夜の部自体は「ナメてんのか、コラ」で済む話なんですがw、
当日参加下さった方々をないがしろにすることはマズイです。

>不安感
よく分かります。
ただ「そういう人が混ざる」っていうことは織り込み済みというか、
アタシは別の場所で経験済みですから、存在自体はあまり苦になりません。
ただ「建前」っていうものがありますから。

>絶対数
確かに足りませんね。
かと言って今後増加するとは到底考えられません。
既存のオフ会だけで考えた方がよさそうです。

ということで、実は似たようなコトを考えてましたw
でも先方には警戒されることでしょう。
一番の問題は彼にはこうやってオンで話す相手がいなそうな
ことなんです。

うー、怖い考えになってしまいましたので、ちょっと頭を冷やします。
 

某氏参加の件に関する私見

 投稿者:日野光治メール  投稿日:2005年 4月15日(金)00時39分1秒
返信・引用
  先日の花見、ご参加ありがとうございました。
さて、私としては、元々、あのまま彼を参加させては『夜の部』に失礼であり、何ヶ月も前から花見を楽しみにしてくださっている方々に失礼と言う事で、あえて厳しい事を言っただけ。事後であり形だけにしか見えないものではあっても彼が夜の部のツリーに謝罪を書き込んだ今、(あれだけいろいろ言われれば他の方に対する失礼な言動も少なくなるでしょうし)彼が私のオフ会に参加したいというのであれば認める方向で考えています。と言う事で、夜の部としてのつづらさんの決定にも同意いたします。

ただ、参加を認めるというのと、それが私達と彼の双方にとって好ましい事なのかは別問題。彼が近い将来また何かしでかすのではないかという不安感は払拭できませんし、彼もそんな状況下では参加しても居心地が悪いでしょう。彼の参加を認めると言う事は双方が余計なストレスをため込む事になりかねません。ここは抜本的な解決策も模索していく必要があるのではないかと思います。

あくまでも私見ですが、この問題の根元はオフ会を定期的に実施しているグループが少なすぎることではないでしょうか。普通ならあるグループと相性が悪い事がわかった時点で別のグループに乗り換える事によって自然と棲み分けができるのに、現状では他に受け皿がないばかりに、『オフ会』というものに参加しようとする限り、叱られようが罵られようがそれを気にしないフリをして、うちや夜の部に来るしかないわけです。それが彼の不幸であり私達の不幸でもあるわけです。
しかしそれならば話は簡単。本家に限ってみればオフ会団体はきわめて少ないですが、範囲を広げればオフ会を開催している団体はいくつかあります。そういうところを紹介してやるというのはどうでしょう。ほら、おあつらえ向きのグループがあるではありませんか。あそこですよ、あそこ。
あそこは主催者たちがあんな調子なのですから、参加者の態度について固いこと言うわけないですし、彼でもうまくやっていけるでしょう。あっちでうまくやってくれれば、わざわざ叱られに私達の所に来る事もないでしょうし。
マイナスとマイナスが掛け合わされてプラスに転じるならばそれも良し、マイナスとマイナスが足し合わされたとしても「本家にはもう書き込みたくない」とか言っているグループの事ですから降りかかる火の粉も最小限に抑えられるのではないかと思います。
問題は、本家で告知していないグループにどうやって彼を導くかです。お世辞にも友好的とは言い難い私達の紹介と言う事ではあっちのグループも「何か裏があるかもしれない」と警戒してしまいますからね。


と言うような事を考えたのですが、こういう考え方ってダメでしょうか?

http://www.geocities.jp/mituhino/

 

魚茶、名義変更するの巻

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 4月13日(水)13時59分28秒
返信・引用
  その前に。

確かに何でも書いていいけど、エロサイトの宣伝するんなら
「エロサイトの宣伝に来ました」
「コンテンツに自信があります」
と明記するように。名乗らない限りは削除対象だ。

どーだい、この懐の深さw


で、本題。
まぁ、白秋の詩をモジっちゃったりなんかしてさ。(原典=薔薇二曲)
学校で習ったばっかで、とにかく使ってみたかったんだろうなw

「光るコボルト」とかレスつけようと思ったけど、後々考えると
正直言ってウザいんで止めたッス。

あー、タリぃ。

http://www2.sega.co.jp/bbs/article/s/sakura/453/fajjel/mknvjf.html#mknvjf

 

ポリティカルコンパス

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 4月11日(月)11時54分29秒
返信・引用
  設問に答えると、自分の政治的・経済的な立ち位置を教えてくれるという、
ステキサイト。

つづらは「政治的に保守・経済的に左派」でした。
まぁあの設問ならそうもなるだろう。

http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html

 

確認事項

 投稿者:つづら  投稿日:2005年 4月 7日(木)15時04分20秒
返信・引用
  つづら管理のBBSは「オヤジギャグ」以外、『あなたが実際に口にできる言葉である限りにおいて』エロ・グロ・ナンセンス・バイオレント……全ての発言を許可しています。

許可するだけで、削除対象から免れるわけではありませんんので、そこんとこ一つよろしく。
 

レンタル掲示板
/4